湘南厚木病院 看護部 採用サイト

5階西病棟

概要

病床数:59床
診療科:回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟とは

急性期を脱した患者様が、自宅復帰に向けてリハビリ集中的に取り組む病棟
入院する病名が決められている
病名により入院できる期間が決められている
リハビリを行って機能の回復をはかるとともに、必要と考えられる家屋の環境調整や、家族へ介護指導を行う

回復期リハビリ対象疾患

算定対象となる回復期リハビリテーションを要する状態
回復期転入日より
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍脳炎、急性脳症、
脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、脳神経叢損傷など
150日以内
義肢装着訓練を要する状態
150日以内
高次機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の脊髄損傷を含む多部位外傷
180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折
90日以内
外科手術又は肺炎等治療時の安静による廃用症候群
90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋又は靭帯損傷後の状態
60日以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態
90日以内

回復期リハビリテーション病棟での生活について

朝起きたら洋服に着替える
食事は食堂で食べる
食後に歯磨きを行う
日中はリハビリを行う
週に2回はシャワー浴を実施
夜はパジャマに着替える
できるだけオムツの使用は避け
トイレでの排泄を行う

家にいるときは当たり前にやっていることを、病院でもできるだけ行います。ベッドの上でパジャマで寝たままでは過ごしません。

 

回復期リハビリテーション病棟協会 回復期リハ病棟ケア:10項目宣言

1.食事は食堂やデイルームに誘導し、経口摂取への取り組みを推進しよう
2.洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後実施しよう
3.排泄はトイレへ誘導し、オムツは極力使用しないようにしよう
4.入浴は週2回移乗、かならず浴槽には入れるようにしよう
5.日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕実施しよう
6.二次的合併症を予防し、安全対策を徹底し、可能中岸抑制は止めよう
7.他職種と情報の共有化を推進しよう
8.リハ技術を習得し看護ケアに生かそう
9.家族へのケアを介護指導を徹底しよう
10.看護計画を頻回に見直しリハ計画に反映しよう

入院から退院に向けて

入院:他の病院からの紹介を受けて、入棟判定会議を行う。院内からの転入もある。
入院中:毎日カンファレンスをして患者の情報共有、リハビリを継続、退院に向けて必要な指導の実施、環境調整
退院

カンファレンスの開催

全体カンファレンス:毎日、看護師とリハビリとでADLの変更や入棟者の情報共有を行う
患者カンファレンス:初回(入院1週間程度)・中間(入院1ヶ月程度)・退院前
担当カンファレンス:毎日、担当リハビリスタッフの受け持ち患者に関しての情報共有を行う
医師毎のカンファレンス:回復期カンファレンス 週1回、外傷整形外科カンファレンス 週1回、脳外科カンファレンス 月1回

 

病棟の様子

リハビリ室は明るく、広々しています。